安川雅史 全国webカウンセリング協議会 理事長/第一高等学院・ウィザス高等学校・ウィザス ナビ高等学校 統括カウンセラー ネットいじめ・いじめ・ひきこもり・不登校・ニート

ホーム

プロフィール

活動情報

ネットいじめ

事例紹介

心理テスト

お問い合わせ

リンク

ブログ

事例紹介

実践カウンセリングにはどのようなものがあるのか、ネットいじめ・いじめ・不登校・ひきこもり・ニート問題のカウンセリング実例について、ご紹介させて頂きます。

家族

 

子供は親の鏡、まず、親自身が毎日明るく前向きに!!


三上 弥生(仮名) 15歳

 父親は、単身赴任で母親と2人で暮らしている。弥生は言葉遣いが男っぽく、自分勝手でわがままで、子どもっぽい性格であった。母親は専業主婦である。弥生は、テレビはスカパーでアニマックスしか見ず、特にドラゴンボールは毎週録画していて、1日に何度も見ている。掃除、洗濯、料理は大嫌いでまったくやらない。弥生は小4から学校でみんなにシカトされ、まったく学校に通わなくなった。母親に対しては、「死ね」とか「クソババー」とひどい言葉を言うことがある。女優になりたいが、タレント養成スクールなどには通いたがらない。ホームページでは、タレントスクールを見ているようである。アルバイトなども絶対にしたがらないし、通信高校などにも通いたがらない。コスプレに興味があり、コスプレできる店なら働くという。14歳から親が将来のことを話すと、リストカットを繰り返すようになり、救急車で運ばれたこともあった。単身赴任の父親は、週末のみ帰ってくる。父親が帰ってきたときに精神不安定の娘にたまりかねて精神病院に連れて行こうとしたが、「私は、おかしくない」と拒否を繰り返した。

対応

 札幌でカウンセリング講座があることを母親は知り、「是非参加したいが、どのようにすれば主人も一緒に連れて行くことが出来るだろうか?」と電話で聞かれた。
 頑固な父親を説得するためには、まずは相手を立てなければならないので、「今度、カウンセリング講座があるんだけど、弥生のこともあるから、今回だけでいいから一緒に行ってくれない?」「あなたがやっぱり頼りだから。あなたも仕事で疲れているから、本当は私1人で行けばいいんだけど、あなたが一緒に行ってくれたら、安心だし心強いから。今回だけ、お願い。」と言う様に父親にお願いするように提案した。
 母親は、早速その日の夜、単身赴任のご主人に電話をいれた。
 今までは、講座とか講演会に誘っても、面倒だから必ず「お前一人で行け」と言われていたが、今回は快く一緒に行くことを了承してくれた。
 カウンセリング講座が終了後、父親、母親がそろって個別カウンセリングの申し込みに来た。
 母親のカウンセリングは週1回、父親のカウンセリングは月1回でやっていった。父親は、警察官でかなり厳しい人で、母親が何を言っても全く受け入れず、自分の考えを押し通す人であったが、カウンセリングをしていくなかで母親の考えも受け入れ、弥生のことも少しずつ理解できるようになってきた。母親は、38歳だが顔色が黒ずみ、皮膚に張りがなく、自律神経失調症の人によくある特徴がでていた。また、「朝がつらい」「だるい」「肩がこる」「不眠」の症状もでていた。御主人が奥さんと子どもを理解し、耳を傾けるようになり、ストレスが少しずつなくなっていき、不安や恐れのマイナスの感情をプラスに変えていくことにより、症状は消えていった。顔は血色がよく、つやがもどった。
 母親の精神状態も安定し明るくなり、毎週末父親が帰って来たときも、弥生にやさしく理解ある態度で接するようになり、弥生の精神状態も安定し、母親に対してひどい言葉使いをしなくなった。今までは、すべて悪循環だったのが、父親が変わり、母親の精神状態も安定したことで、明らかに弥生の精神状態もよくなり、明るくなってきた。
 母親が買い物に行くときもついてくるようになり、外出の機会も増えてきた。母親もパートの仕事をはじめ、弥生も週2回パソコンスクールに通うようになった。
 
ページのTOPへ戻る